> >新人&復職看護師必見! 看護師の必携アイテム4つ

新人&復職看護師必見! 看護師の必携アイテム4つ

護学校のときの後輩から、就職が決まったとメールをもらいました。
「仕事で使うもので、何か買っておいた方がいいものってありますか?」って聞かれて、自分のときはどうだったかなあと思い返してみると、仕事中に持ち歩くものって確かにいろいろありますよね。

aoi-face
入職前に準備しよう! 看護師の必須アイテム4つ
新人看護師としてこれから病院に勤務する方や、ブランクを経て復職する方は、これからの仕事にいろいろと不安を感じてしまうものです。必ず用意しておく必要のあるものについては就職先の病院から伝えられると思いますが、それ以外にも看護師には必需品が多いもの。実際に看護師として働く人たちが日常的に持ち歩いているもので、入職前に準備しておけるものにはどんなものがあるのかをご紹介します。

(1)時計(ナースウォッチ)
点滴を合わせるときや、呼吸の回数を測るときなどさまざまな場面で必要になります。看護師は手を洗う機会も多く、また介助の際に患者さまに当たってしまうのを避けるためにも腕時計は着用しないのが普通です。クリップなどでポケットに取り付けられるナースウォッチが便利。夜間でも見やすいようにバックライト付きのものや、脈拍計算ができるものなどいろいろなものがあるので、使いやすいものを選んでください。

(2)電卓
点滴の滴下計算は、ベテランの看護師なら暗算できるという方も多いかもしれませんが、新人やブランクのある看護師の場合はミスを防ぐためにも電卓を使って計算することをおすすめします。ポケットに収まる薄型のもので、ボタンの押しやすいものなど使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

(3)タイマー
看護師は複数の患者さまの対応に追われることも多いものです。点滴の取り換えタイミングなどを忘れないためのタイマーも必需品だと言えるでしょう。電卓とセットになったものや、夜間でも使いやすいバイブ機能のあるものなど、実際に使う場面をイメージして使いやすそうなものを選びたいところです。

(4)印鑑
カルテのチェックなどで印鑑を押す機会は多いものです。忙しいときでもさっと押印できるスタンプ印(シャチハタ)か、ワンタッチ印鑑ケースを用意しておくと便利です。ただし、病院によってはスタンプ印禁止ということもあるようなので、あらかじめ確認しておきましょう。

駆血帯や鉗子なども持ち歩くことになりますが、こうした医療器具については病院から支給されるケースも多いため、入職前に自分で準備しておく必要があるかどうか確認なさることをおすすめします。また、ボールペンやメモ帳、はさみなどについても職場で使うものを準備しておきましょう。

たしかに、ナースウォッチや電卓は買っておくと良いですね!
必要になって慌てて買うより、時間のあるうちに使いやすいものや気に入ったものを見つけておけば安心です。後輩には、実際に使っている場面などをまじえてアドバイスしてあげようと思いました。

aoi-body
『お仕事』のおすすめ記事一覧
その他のカテゴリーの記事一覧