> >冬の乾燥に負けない! 看護師さんにおすすめ保湿ケア

冬の乾燥に負けない! 看護師さんにおすすめ保湿ケア

の病棟内は、エアコンで空気がカラッカラね。
肌も乾燥しがちで、特に目元なんてまばたきするたびにパリパリしちゃうぐらい。
鏡を見ると目元にはうっすらとちりめんジワが……。
放っておいたらどんどんシワが深くなるかも?
これはヤバイわ! なんとか乾燥対策しなくちゃ〜!

冬は肌にとって過酷な季節
冬になると肌の乾燥や肌荒れに悩まされるという方は多いものです。
エアコンの効いた病棟内で長時間勤務する看護師さん達にとっても、冬の肌の乾燥は深刻な悩みの一つだと思います。

寒い季節は、誰でも汗や皮脂の量が少なくなります。肌のうるおいをまもる「皮脂膜」は汗と皮脂から作られるため、冬は皮脂膜が不足しがち。つまり冬の肌は乾燥しやすい状態なのです。

また、気温が低下することによって血管が収縮するため、血行が悪くなります。その結果、肌に必要な栄養素や酸素の供給が不足し、肌のターンオーバーが停滞ぎみに。これもまた乾燥を進める原因となるのです。

冬の肌を乾燥から守るために

うるおいを失った肌はバリア機能が低下し、ますます乾燥しやすくなります。
そして、肌の乾燥はカサつきや小ジワなどを引き起こすばかりか、シミやたるみ、ニキビや肌荒れなどさまざまなトラブルの原因にもなります。
冬の肌を乾燥から守るために、以下のようなことを心がけましょう。

・スキンケアは保湿重視で!
肌の保湿ケアは1年を通じて大切ですが、この季節は特に保湿に重点を置くことを意識したいところです。基礎化粧品や美容液には、肌のうるおい成分であるセラミドや、保水力を高めるヒアルロン酸など、保湿成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。仕上げに使用する乳液やクリームについても、春夏に使用していたものよりも濃厚なものを選んだり、多めに使用したりすると効果的です。

・内側からもうるおいキープ
肌のうるおいを保つためには、肌に必要な栄養素を食事からきちんと摂るのも大切です。皮膚や粘膜を正常に保つビタミンA(緑黄色野菜や卵、レバーなど)、肌の新陳代謝を整えるビタミンB群(豚肉、納豆、卵など)、血行を促すビタミンE(ナッツ類、アボカド、ゴマなど)を食事からバランスよく摂るようにしましょう。

・乾燥が気になる時にうるおい補給
朝しっかりとスキンケアしても、冬の乾燥した空気の中ではだんだん肌が乾燥してくるものです。勤務中、肌の乾燥を感じた時のための保湿アイテムを用意しておきましょう。ミスト化粧水は使用後にかえって肌の乾燥を招くおそれがあるため、乳液やクリームなど油分を含むものがおすすめです。また、体内の水分量が減ると肌も乾燥しやすくなるため、あたたかいお茶などを飲んで水分補給を心がけるのも大切です。


そうねえ、1年中同じ基礎化粧品はさすがに無理があったのかも……。
もう若くないんだし、寒い時期の乾燥対策に、ちょっと奮発していいクリームを買ってみようかしら。
どこのクリームがおすすめか後輩たちに教えてもらおうっと。
ちりめんジワ撃退してやるわよー!

『美容・ダイエット』のおすすめ記事一覧
その他のカテゴリーの記事一覧